読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

anime45の日記

45歳になっても中途半端なアニメオタクのまま


 スポンサードリンク

「神戸アニメストリート」がオープンして初めての「神戸ぽっぷカルチャーフェスティバル2015」 去年と違う趣向に少し戸惑いながらもグルッと回ってみた

今年も「KOBEぽっぷカルチャーフェスティバル」が開催されたので行ってきたのだ。

 

今年も・・・とは言うとるけど、昨年初めてやったんだけどね。

ちょうど傷心の頃やったなぁ・・・。

 

今年で4回目となる「KOBEぽっぷカルチャーフェスティバル」。去年のイメージを持ったまま、PDFのチラシを何度か眺め(たつもり)いざ神戸市は長田区へ!

 

 

まずは実物大鉄人28号がそびえ立つ「鉄人広場ステージ」へ。

到着したのが12時頃やった。スケジュールではこの時間は

ラジオ関西 青春ラジメニア」の公開録音を開催中。

聞いたことない番組やったが会場は満員で賑わっとった。去年も実感したが、AMラジオのリスナーってかなり多い。斯く言う俺も車に乗ると大抵ABCラジオ聞いとる。FMラジオよりおもろいからな。

 

取り敢えず鉄人広場ステージを後にし、今回の最大の目的地へ。

それは、「98式AVイングラム リフトアップイベント」の会場へ。

 

鉄人広場ステージから南下し2号線を超え大正筋北の町⇒大正筋中の町⇒大正筋南の町がイベントのメイン会場となっとる。

「98式AVイングラム リフトアップイベント」会場へは大正筋中の町を出たところを左折した空き地。

「98式AVイングラム リフトアップイベント」は昨年もやっとったらしいが、昨年はイベント概要を全く知らない状態で来てたんでこのイベントのことを知らんかった。他に見る機会があるにはあった。大阪南港ATCにも来とった。けど結局行けんかったんで、一度は見ときたいなと。

 

リフトアップの時間は13:30から。到着した時は12:30やったんで、始まるまでの間にグルッと回ってどんなイベントしとんか見とこう。

 

ニコ生もずっと放送

f:id:nikkoroya2:20151002231059j:plain

 

今回感じたんは、昨年に比べレイヤーが多いなと感じたことやった。去年はいるにはいたが「ちらほら」という表現がぴったりというぐらいの人数。しかし、今年はいたるところにレイヤーが。この答えは後で分かることになるんやけど。

 

そして、大正筋中の町では去年とは比べもんにならんぐらいちゃんとしたイベントステージが出来とる。並べられたパイプイスも100席ぐらいありそうや。去年は椅子なかったんちゃうか。ここでは地方アイドル(?)や16:00から「絶対領域 ニーハイファッションショー」なるイベントも開催されるようや。しかも、MCが加茂川マコトとなっとる。

f:id:nikkoroya2:20151002231218j:plain

 

そういや加茂川マコトさん、去年も来とったな。日本橋の「ストリートフェスタ2015」も来とったな。ご当地アイドルもがんばっとるなぁ。

 

昨年は鉄人広場や北の町、中の町に「痛車」がずらっと並んどったが、今回は場所を変えて「痛車GP」を開催。傷とかつけられたりしたんかな?

 

とかしとるうちに時間は13:10に。そろそろ「98式AVイングラム リフトアップイベント」会場へ行こうか。

観客は30人ほどやったが時間が経つにつれ100人超にもなったやろか。

リフトアップ予定時刻になると女性のMCが。この子サンテレビに出てるらしい。

ごめん、名前忘れた・・・。出てる番組も忘れたわ。

 

そしていよいよリフトアップ!

f:id:nikkoroya2:20151002230554j:plain

 f:id:nikkoroya2:20151002230700j:plain

f:id:nikkoroya2:20151002231136j:plain

f:id:nikkoroya2:20151002230825j:plain

f:id:nikkoroya2:20151002231321j:plain

f:id:nikkoroya2:20151002231428j:plain

えっ?今年も映画の番宣?ディレクターカット版が2週間限定で上映?しかも約25分追加映像アリ?

もう別モンの映画やん。観に行ったのに。また行かなあかんな。

 

リフトダウンも待っとったけどなかなか降ろす気配がないんで、次は「痛車GP」の会場へ。

今年はアスタくにづか3番館の立体駐車場5階に痛車を置いてるらしい。

では、エレベータで5階へ。

 

う~ん。台数少なくね?去年が何台か覚えてへんけど、もっとあったと思うし、もっとガチなやつおったおはずやけど、今年は約20台。昨年も見た車もちらほらあるが、もうちょっと気合が欲しいかな?

「ストリートフェスタ」で見る痛車と比べてしまうと酷なんかもしれんけど、内装ももっと凝ったのとか。去年の方が痛度合い高いやつ多かったように思う。

少し寂しい感じやったな。

f:id:nikkoroya2:20151002231507j:plain

同じスペースに「ガルパンラジコン戦車」の実走コースもあったな。一応投票して次へ向かおう。

 

去年、フィギュアでお馴染みの「海洋堂」の展示や「キン肉マン」関連のフィギュアやグッズの展示、カラオケ大会なんかが開催されとった「神戸市立地域人材支援センター(旧二葉小学校)」へ向かった。今年も同じようなんやっとると勝手に思い込んで・・・。

 

ところが、であった。

 

ここでは「私立ふたば学園学園祭」なるコスプレ会場となっとった。

会場への入場もただじゃない様子。

そういや学校の前の広場にレイヤーがいっぱいおるおもたんや。

 

「私立ふたば学園学園祭」の主催はコスプレイベント「コスメル」を開催している会社のようで、旧二葉小学校では毎月のようにコスプレイベントが開催されとる。

恐らく、レイヤーとして参加してる人の多くがほかのイベントでも顔をお合わせている「身内」のような関係じゃないんかなと思われる。

既に45歳を超えたオイラにとってはなかなかのハードルの高さ。

いつかは・・・とは思うもののねぇ。

ストリートフェスタみたいに老若男女がレイヤーとして参加しているのと比べると、明らかに年齢層が20代前半まで。中には母娘でコスプレしとった人もおったけど、単身では一歩踏み出す勇気がないわ。

 

今年、レイヤーが去年に比べ多かったたのはこの為のよう。神戸アニメストリートにコスプレ衣装をレンタルするお店があるが、それよりも「コスメル」の影響が大きそうやな。

 

この時点で、なんか虚しくなってきた。なんやろ。ちょっと孤独?

別に一人で楽しむのは苦じゃないんやけど、「仲間」が少ないっていうか、同士がいないっていうか。

 

いや、ちゃんと「おひとりさま」はいるんよ。男も女もおじさんも。でも、なんだろうな。

 

とか考えながら、グルグル会場を回ってみた。

 

大正筋中の町ではアイドルのグッズ販売やステージでミニライブが開催中。

いわゆる「地方アイドル」「地下アイドル」的な子達。そんなアイドル達にも熱烈なファンがおるもんで、明らかにJS、JCのアイドルと一緒に写真を撮ったり、CDを買ったり、「Lalami」というアイドルのゲストライブの時にはパイプイス席後ろで、吠えまくり踊りまくりの応援が開催中。

ほんまのファンってすごいのう。俺、そこが無理やねん。

熱いライブの後は絶対領域 ニーハイファッションショー」が加茂川マコトのMCで開催です。

運営の人たちがステージ下のパイプイスを片付けてレッドカーペットの準備。さっきまで席に座ってた観客も一緒に片付けてるのがなんとも微笑ましい光景。

 

おいらはそんなに興味がなかったんで序盤そこそこで再び鉄人広場へ。

 

ここでは毎年ゲストとしてきている神谷明氏のトークショー。

 

恐らくここが、老若男女が一番楽しめたステージやったんじゃないんかな。

 

最後はお約束「キン肉マン」を歌ってくれましたわ。

 

いやあ、昨年も感じたがすげぇエネルギーの持ち主。この人がもう69歳とは思えん。「キン肉マン」「北斗の拳ケンシロウ」「シティハンターの冴羽」「うる星やつらの面堂終太郎」「名探偵コナン毛利小五郎」を生披露。テレビと同じや!

観客の喜んではるわ。

 

このステージでほとんどのイベントが終了。

 

翌日の日曜日に続くのであるが、ちょっと、明日も、という気には今回なれんかった。

 

まぁこのあたりの心境は次回にして、来年も期待しとこう。