anime45の日記

45歳になっても中途半端なアニメオタクのまま


 スポンサードリンク

「ラブライブ! TVアニメ2期オールナイト上映」にぼっちで行ってきたんやが

ラブライブ! TVアニメ2期オールナイト上映」を観てきてやっと目が覚めたところなんやが。

 

みんな知っとると思うけど、今「μ’sありがとうProject」開催中なんや。

この中で劇場スペシャル上映があるんやけど、その中の一つがラブライブ! TVアニメ2期オールナイト上映」。勿論「ラブライブ! TVアニメ1期オールナイト上映」もあったわけ。

残念ながら1期は観てないんやな。

 

そん時はTVシリーズくを映画館で観る必要がるのか、と思ったし、最も大きな理由はオールナイトに体力がついて行かんと、自信がなかったことやね。

でも、ちょうどラブライブ! TVアニメ1期オールナイト上映」の時「STAR WARS episodeⅦ」を観に行っとんたんやけど、開場を待つ明らかなラブライバーがグッズを見ている様子が、なんかみんな楽しそうやな、と少し羨ましい気持ちも・・・。

 

オイラも勘違いしとったんやけど、その日の上映が「TV1期・2期」両方するんかなと思っとったら、1期だけやったんやね。そりゃそうか。一晩じゃ終わらんわな。

HPで2期は2月13日と確認したんで心の中では「行こう」と密かに決めとったんや。

 

ただ心配なんは体力。もう46だし。席取る時も、寝てしまったりトイレに立っても目立たないように端っこの席を選んだ。

席を取る時に感じたんやけども、端っこ取ってるの大体1席。一人で観に来る日とかなり多いんやな。

そして当日はちゃんとお昼寝をした。夜のためにお昼寝なんて子供の頃に花火大会に行くためにお昼寝して以来やわ。

2、3時間寝ればある程度は大丈夫だということはその前の週にシュミレーション済み!

さあ、いざ出発!という時やったが春一番のため雨風のすごいこと。YAHOOの天気予報では9時頃から曇となってる(オイラが住んでるところ)が・・・。しかし、天候の回復を待ってもいられないんで駅までバイクで。一応雨対策をしたものの、雨が凄すぎて少しパンツまで濡れちゃったよ。自然乾燥に期待。

 

何とか上映20分前に着き予約しておいたチケットを発券。10分前に開場。入場者プレゼントは色紙といつものカットフィルム。まだ開けてないよ。

f:id:nikkoroya2:20160214162434j:plain

 

いよいよ上映開始や。

TVシリーズはスマホで観る事が多かったんで大画面で始まった時の感動といったらありません!思わずにやけちゃったよ。

ただ、ちょっと気になることが・・・いや、そん時はかなり気になったことがあった。

少し後ろの席でずっと話し声がする。特に、音が大きくなった時には常に、音が静かな時は黙っちゃうんやけど。ただ、やっぱり気になる。

でも、周りの人は気にならんのかな?注意する様子もあらへんし。オイラなんかどこかの段階で「うるせぇ!」と言いたい気持ちがふつふつと湧き上がっとったんやけど。よっぽど席を移動しようかと思ったぐらいやった。

おかげで第1話はあまり集中できんかった気がする。しかし、そいつらだけでなく他にも(わずかだけど)話し声が時々聞こえる。そんとき思った。これは家でテレビ見てる感覚の延長線上なんやと。みんなで集まって「ラブライブ!」を観てるんやとおもたら不思議と落ち着いてきちゃったよ。

ここに来ている人のほとんどが1回以上は「ラブライブ!TVシリーズ」を観ているはず。つまり、笑う処も泣く処もストーリーも全部知ってるはず。当然オイラもね。でも、ちゃんと笑うし泣いてるんやね。そう、何度観ても楽しめて感動できる、それが「ラブライブ!」なんやと実感した。

 

大画面で感動したんはただ、画面がデカイだけということじゃなく、ライブのシーンがとても迫力と臨場感があってよかった。最初のライブは地区予選の「ユメノトビラ」のライブシーン。スマホや家のテレビでは感じられん感動である。

 

最初の5話で一旦休憩に入ったんやけど、そんとき横の席におった女の子2人組の子が第5話「新しいわたし」で「知ってるから泣いちゃう」と言っとったんやけど、これほんまに思うことが、「ラブライブ!」は1回観ただけじゃなく何回も見ないといけないなと、そして、何回も観たくなる作品やと思う。繰り返してみることで初見では泣けないシーンも2回目から泣いてしまうこともある。1期の第3話「ファーストライブ」は2回目からは、ほんま頑張ったな!と思って涙ぐんでまう。今でも思い出しながらうるうるきとるわ。

ちなみにオイラは第4話「宇宙NO.1アイドル」のにこちゃんで既に泣いとったんやが。

 

そのほかで気がついたことやったんやけど、ファッションショーでエリチをスカウトしとった女性、ちゃんとセリフ入っとったんやね。猛省しますわ。

 

今回オイラは2期の後半はずっと泣きっぱなしになるやろうと覚悟しとった。スマホで通勤中に見てる時でさえ泣いとるんやから。

 

1回目の休憩でオイラは思った。「休憩1回じゃないんか?2回なんやな。5話-4話-4話やな」と。これ気をつけんと46歳が思いっきり泣いた顔でトイレ休憩行かなあかんのやけど。だって2回目の休憩前は地区予選最終決戦の第9話「心のメロディ」。“snow halation”のライブやで!号泣した後やん。その前話の「私の望み」でのんたんで泣き、スノハレで泣き、目ぇ真っ赤にしてトイレ行かなあかん。

しかし、心配ご無用やった・・・。泣かんかったんかて?いや号泣したに決まっとるやん。それが、オイラだけじゃなかったってことや。

 

最後の上映では第11話の「私たちが決めたこと」のμ’sをおしまいにすると宣言したシーンや駅のホームのシーン、第12話「ラストライブ」のアンコールシーンも最高やった。アンコール曲が「僕らは今の中で」やったんで、この曲を聴くたびに目が潤んでしまうんや。

そして最終話「叶え!みんなの夢」のラスト、屋上でほのかが「やり遂げたよ」と言ったシーン。もう嗚咽の状態です。この記事書きながらも涙出てきたわ・・・。

 

ラブライブ!」を知らん人は、わざわざテレビと同じ映像を映画館で、オールナイトで料金も特別料金(3500円)で観るんかと思うやろ。ここに来とる人の多くは何度も「ラブライブ!」観返しとるやろし内容も知っとる。オイラも少なくとも20回は繰り返し観とる。それでも、何回でも観たくなるんが「ラブライブ!」。

 

コレ何でかなと考えたことがるんやけど、行き着いた答えが「9人もいてそれぞれに感情移入が出来る作品は他にない」ということ。ファンの人はそれぞれに推しメンがあると思う。オイラも“基本”は東條希オシなんやけど、本当は3年生全員と真姫がすきなんや。シリーズにはそれぞれのエピソードが有るんはほかの作品でも珍しいことじゃないんやけど「ラブライブ!」は気持ちの入り方がなんか他と違うんや。

実はオイラは「ラブライブ!」に始めて触れたんは平成27年7月。まだちゃんと向き合って8ヶ月足らず。スクフェスや初期のライブからのラブライバーに比べれば、とても自分はラブライバーなんて言えるもんじゃない。それでもここまで気持ちが入ってしまうひとつの理由は、曲の良さにあるんやと思う。

 

これはアニメから入ったからかもしれんけど、とにかく曲が素直で心に入ってくる。アニメんぼシーンとも上手く待ってイングしてイメージとしても入ってくるしね。

 

それに、第8話でもあるように、アニメ版ではラブソングが殆ど無いんよね。アニメ以前の曲ではラブソングはいっぱいある。そこからの元々のPV2曲目である“snow halation”が出来上がってくる。この流れも、「ラブライブ!」歴史を知っていくとうまく出来てるな、と感じるし、“snow halation”がどんどん好きになっていく理由の一つ。

 

観れば観る程、聴けば聴くほど好きになっていく「ラブライブ!」。μ’sの活動は終わっちゃうけど、この先同じほど感動できる作品に出会えるかどうか自信がない。

 

今回、ラブライブ! TVアニメ2期オールナイト上映」に行ってとても感動したし大満足やった。何回も観た作品やのにこれだけの満足感が得られるとは思いもよらんかった。ホンマ期待以上やったんや。終わってしまう寂しさよりも上回っている満足感。こんなん今まで感じられんかった。

 

ラブライバーの中には「Aqours」へシフトしようとするファンもいるようやけど、(今わはまだ)おいらはAqoursのメンバーにまだ気持ちがシフト出来んし感情移入がまだまだ出来ん。それにまだオイラは「μ’s」にやり残してることがあるような気がするんで、活動自体が休止してももう少し応援していたいなと。

 

ラブライブ!1期 配信動画 

ラブライブ!2期 配信動画

 

ラブライブ! という奇跡~彼女たちはなぜ社会現象になったのか

ラブライブ! という奇跡~彼女たちはなぜ社会現象になったのか